» 2013 » 7月のブログ記事

加東市H様邸のお庭の完成の様子です。

 

庭の入り口部分にはアンティークのレンガを

割ってランダムに敷きました。

キチっとした印象よりもラフに仕上げるためです。

そしてレンガから広がる広い芝生のエリア。

H様邸にはちっちゃなお子さんがいらっしゃるので

これだけの広さがあれば遊び倒せます。

緩い曲線を描いた蘭画の花壇には

元々植わっていた植栽たちを移植しています。

まだ余裕があるのでこれから新しい花を

植える事も楽しみの一つですね。

 

 

そして裏庭のスペースには家庭菜園と

物置を設置しました。

以前より広く、スッキリして外に出やすいです。

最近お伺いした際には子供さんがミニトマトを

摘んでいました。

子供が庭にいるとなんだかホッとしますね。

こちらは加東市のH様邸での工事の様子です。

 

工事前は草が生えてご自分では手を付けにくい状況で

裏庭は家から外に向かって地面が下っていたので

何をするにもやりにくい状態でした。

 

 

ここの草を一掃するために一旦全体をスキトリ

そして高低差を無くすために低い方にブロックを積みました。

これだけでもスッキリとしてきます。

生垣も気になったので軽く刈り込んでいます。

あとは埋め戻して防草シートと砂利敷きや

菜園、物置を設置します。

 

そして前にの方にいってみると、、、

こちらも草が生え放題ですが花壇、芝生レンガ敷きで

明るくナチュラルに仕上げていきます。

 

 

 

 

裏と同じくスキトリをした後にまずは花壇の

レンガを積んでいきます。

直線すぎると固いイメージになるので

ラフな曲線を描いて柔らかいイメージの

花壇に仕上げていきます。

 

次回は完成の様子をご紹介させて頂きます。

今回は小野市のT様邸の工事の様子です。

完成写真はこのようになっています。

ご要望は植栽できるスペースを広く取ってほしい。

物干しスペースが欲しい。目隠しが欲しい。

などでした。

 

 

元々は真砂土が敷いてあるだけの状態でしたが、

仕上がりの高さを揃えるために一度掘削をして

レンガで花壇の縁取りをしたり

自然石のアプローチを造ったり、

テラスの屋根を取り付けたり・・・

 

 

低木や花類だけになると高さのバランスが良くないので

園路の広くとったスペースにはシンボルツリーとして

ヤマボウシとシマトネリコを植えました。

樹の周りを歩けるので植栽との距離を近く

感じることができます。

かなりシンプルなデザインではありますが、

お施主様が自分の手で完成させることができるような

楽しめる庭が完成しました。

カレンダー

2013年7月
« 6月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ページ