» 庭遊びのブログ記事

こちらは篠山市のH様邸です。

元々、タイル貼りのテラスのはあったのですが、雨の日に使えなかったり

太陽の光がきつかったりと使い方に限りがありました。

 

そこで三協アルミさんのスマーレ。

今回使用したタイプはサイドオープン、腰壁タイプです。

両サイドを閉じることもできますが、オープンタイプなので

解放感があり爽やかな雰囲気になります。

また腰壁を造った上にテラスを設置しているので

豪華な印象を与えますね。

 

 

そしてテラスの内側は・・・

テーブルや椅子を余裕をもって置ける出幅9尺。

屋根には日除けも取り付けているので

厳しい陽射しをカットしてくれます。

この屋根ができるだけで家の中から庭までの距離感が

とても近くなって、庭にいる時間が長くなったそうです。

見る庭もステキですが、更に使える庭になると

もっとステキですね。

 

H様邸では他にも境界のブロック+フェンス等の工事もさせて頂きました。

これからの季節、陽射しをカットして庭で過ごす時間を増やしてみませんか??

篠山市での新築外構の現場です。

 

全体的に見ると家の雰囲気に合わせたナチュラル・シンプルな

イメージに仕上げています。

勾配の付いた道路に面しているので、駐車スペースは

道路勾配に合わせて玄関前でアンティークレンガの

階段を造り平らにしています。

 

 

門周りに寄ってみると、アイアンウッドの角柱と植栽で

柔らかい雰囲気を出し、赤いポストで挿し色の

ワンポイントをプラスしました。

一つアクセントになる色が入るとオシャレになりますね。

 

 

 

裏庭に面した部分には板塀を取り付けています。

庭には芝生が貼ってありますが、アルミのフェンスよりも

相性が良いのでナチュラル感がよく出ています。

板塀はメンテナンスが必要になりますが、手をかける

楽しみもあるのではないかと思います。

ノーメンテナンスになりすぎると庭への興味が

薄れていきそうな気がするので・・・。

こちらは丹波市のF様邸です。

 

家の雰囲気に合わせたナチュラルテイストの庭を

デザインさせて頂きました。

ポストや表札は玄関にあるので

枕木を立て込んだ所はフォーカルポイントとして

植栽やアンティーク雑貨を配置しています。

 

アプローチにはアンティークレンガを使用しています。

 

玄関の両サイドには低い目の枕木を立て込んで

ちょっとしたアクセントに。

 

これの有る無しですごく印象が変わるんです。

 

 

枕木の足元のワイヤープランツと車輪の相性がバツグン!

 

これからもう少しボリュームが出て車輪に絡んでいくと

なお良い感じになっていきますね。

 

 

 

 

裏庭は広いのでひとまず真砂土を入れて均しています。

 

植栽や芝生を貼られる予定なので庭の角に立水栓を設置。

前庭から裏庭への通路にはテラスで屋根を造ったので

雨の日でもゴミだしが楽チンです。

 

 

工事をする前はこのように坂になっていたので

裏庭は本当に広くなりました。

家の裏側と左右は家が建っていたので、土留め造りから

土入れまで全て人力だったので実はなかなか大変な

作業でしたが、広くなってよかったです。

 

 

ちなみにこちらが前庭の工事前写真です。

 

改めてこう見てみると良い感じに仕上がったなぁ~と

自画自賛してしまいます。

 

 

 

 

忙しさの余りブログの更新がなかなかできていなかったので、しばらくの間は溜まりに溜まった

完成写真でブログを更新していきますので工事中の様子はちょっとお休みです。

こちらは西脇市にある「食堂Oggi」様。

駐車スペースを縮小してフロントガーデンを施工させて頂きました。

 

アプローチに仕様した石はイギリスのコッツランドストーン。

通常石貼りは石を合わせて目地を詰めていきますが、

こちらでは石と石の間を広く取って間に植物が広がっていく

スペースを確保しています。

時間と共に石と植物が馴染んでくる設計です。

石の周りの砂利は石と同系統のイエローでまとめて、

トーンの違いで変化をつけています。

 

 

シンボルツリーには白樺を。

白樺は木の幹が白く落葉期にも木肌を楽しめます。

大きくなる木なので、これからボリュームが出てくるのが

とても楽しみですね。

小さなフロントガーデンですがお店の雰囲気に合った

素敵なお庭になりました。

 

 

 

ちなみにこちらがBeforeです。

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ同じ位置からのAfterです。

 

 

 

 

 

工事中にランチを頂きましたがとても美味しかったので、お食事がてら庭も見て頂ければ幸いです。

こちらは加東市のM様邸です。

裏庭スペースが手つかずの状態だったのでナチュラルな庭を!

ということで工事をさせて頂きました。

 

 

裏庭へ入る園路は枕木とアンティークレンガで

リズム感を演出したアプローチです。

アプローチの左側は防草シートと砂利、右側は

芝生を貼っています。

 

 

アプローチの先にはウリンで造作したウッドデッキ。

そしてその上にはパーゴラ調のテラス屋根もあります。

天然木のウッドデッキはメンテナンスが必要になりますが、

やっぱり手触り、温もりが良く存在感があります。

そしてデッキの前にはタイルのテラスを造ったので

テーブルや椅子を安定して置くことができます。

 

 

 

タイルテラスの先には枕木を立て込んで目隠しを。

家から庭を見ると駐車場なので、隠しすぎない目隠しで

プライベートの確保をしています。

 

 

 

タイルテラスの奥にはレンガで造ったバーベキュー炉があり、

その隣には立水栓を併設しました。

バーベキュー炉の横に立水栓があると何かと便利です。

炉の足元には乱形のアンティークレンガを敷きつめているので

ナチュラル感がよく出てますね。

 

裏庭の一番奥から庭を眺めると・・・

 

 

うん。

雰囲気があって良い感じです。

 

 

 

M様邸の子供さんがうちの娘と同い年だったので色々とお話もさせて頂いて、楽しく工事ができました。

これからもよろしくお願いします。

ブログの更新しばらく空いてしまいましたが、その間に加西市K様邸も完成しております。

 

門周りは家の外壁に合わせた正面のタイル壁と

少し雰囲気を和らげるためのアイアンウッドの角柱、

塗り壁や花壇があります。

オリーブとシマトネリコの常緑樹が季節を問わず

玄関周りに緑を添えてくれますね。

 

 

 

 

壁を越えて庭へ続く園路には乱形の自然石を敷きました。

アンティークレンガで造ったサークルの砂場は

将来的には花壇に変わる予定。

芝生と砂場があれば子供たちは大はしゃぎ!!

 

 

庭の一番奥にはガーデンルームを設置。

敷地の形状の都合で正面に広さが取れないので、

正面は腰壁+窓。

両サイドが引き違いドアとなっています。

網戸や日除けはこれからの季節には

必須のアイテムかな。

 

家の裏手には囲いを設置。

間口が10mもある大きな囲いなので

中は物置としても、物干しとしても

大活躍してくれるはずです。

 

 

 

最後に。

 

縦に長い敷地なので全体を写すと・・・

こんなに引いた写真になります。

緑が程よくあって落ち着いた

シンプルなお庭が完成しました。

こちらは加西市のK様邸です。

モダンな雰囲気の平屋のお庭を造っていきます。

 

門壁は元々あったのでそれに合わせたデザインをで

ピンコロ石や乱形石を貼るアプローチや

塗り壁、花壇を造っていきますよ。

 

門周りの裏側、メインガーデンにはガーデンルームを

設置するので、その下地ができています。

タイルの仕上げになるのでコンクリートを打設しました。

 

ちなみにこちらに設置するガーデンルームは

三協アルミさんの「ハピーナ」になります。

 

そして勝手口側にはブロックを積んで裏側の草が

入ってこないように境界を区切り、

その内側はほぼ全面を囲います。

雨の日でも洗濯物を干せる便利さや

物置としても使える便利さが嬉しいですね。

 

 

それではまた続きをご紹介させて頂きますので、次回に続く・・・

篠山市のS様邸の完成の様子です。

門周りは明るい雰囲気のホワイトを基調とした色遣いでまとめ

鋳物のフェンスや門扉を設けたので、メリハリのある

大人な雰囲気になりました。

モザイクタイルでラインを入れてかわいさもプラス。

 

 

南面と北面は板塀で軽めの目隠しです。

 

新しく取り付けたオーバードアも木調色なので

違和感なく馴染んでいますね。

 

 

 

板塀の足元の塗り壁は既存のブロックに上塗りをして

仕上げているので無駄なくコストダウンもできます。

 

板塀の板の幅に変化をつけたのでちょっとした

リズム感が出ています。

 

 

門周りの裏側は玄関ポーチまで自然石を貼り

庭へ続く園路には飛び石風に自然石を据えています。

 

こちらにも板塀があるので後々は

愛S元に植栽を入れて植物を絡ませたり

雑貨を飾って頂ければと思います!

 

 

駐車スペースから庭に入る所には

枕木を敷いているので予備の駐車スペースにもなるし

芝生との相性が良いので庭のアクセントにもなります。

 

 

 

庭全体を見通すとこんな感じです。

 

オリーブとカツラの木を植えて緑を足し、

奥にある小屋も増えたので

元々あったウッドデッキも活きてきました。

 

 

デッキの上から小屋を見ると・・・

このようになります。

 

家の中から見ても小屋を全面的に出しすぎず

カツラの木越しに見えるので主張しすぎない

程よい存在になりました。

 

広いお庭でまだまだ楽しめることがあるので、これからの良い季節を

お庭と共に満喫して頂ければと思います。

さて、今回は小屋造りの様子などです。

今回はブロックを積んで壁を造っています。

建物なのでしっかりとした基礎を打ち、

鉄筋も通常の2倍入れていますよ。

ちなみにこの窓は建具屋さんにオーダーで

造って頂いた物でチェッカーガラス仕様です。

 

そして屋根は下地に防水のシートを貼ってから

こちらのアスファルトシングルという屋根材を

使いました。

 

個人的には洋瓦のこってりした雰囲気よりも

素朴な田舎イメージのこちらの方が好きです。

 

扉を付ける前の状態です。

外壁は塗り壁の仕上げで入り口付近には

乱形の自然石を貼っています。

周囲には芝生を貼る予定なので

かなり良い感じに仕上がりそうです。

 

 

庭の一角、勝手口を出たところには

アンティークのレンガを使った立水栓を設置。

勝手口周りにオシャレな水栓があると

ちょっと嬉しいですよねぇ~。

 

芝生の水遣りにも絶好のポジションです。

 

 

オープンすぎたカースペースには

2台分をカバーするワイドオーバードアを設置。

隠れる場所をつくらないように

縦スリット格子のすっきりしたタイプです。

 

 

では、次回は完成の様子をご紹介したいと思います。

Garden Link、今年も年明けから忙しく工事をさせて頂いております。

今回のお宅はこちら。

篠山市のS様邸です。

既存の門周りはこのような感じなのですが、

あまり気に入っていないということで

新たに造り変えることとなりました。

 

 

 

 

家の側面はこのような感じで

スチールのフェンスです。

 

 

 

これらを一旦取り壊してからブロックを積みました。

 

塗り壁の仕上げなので下塗りまでしています。

元々のポストは再利用して、アイアンウッドの角柱や

アンティークのレンガを使って門周りの

大まかな形はできてきました。

 

 

 

裏庭へ続く園路には乱形の自然石を

飛び石状に貼っています。

 

既存のカースペースと園路の区切りには

板塀を設けて雑貨などを飾れるスペースも確保。

 

 

 

裏庭に面した境界部分にも板塀を設けて

外からの視線をやわらげます。

 

道路に一番近い部分は車の出入りの為に

一段低くしているので安全です。

 

次は小屋造りと庭周りの様子をご紹介しますね。

カレンダー

2019年7月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ページ